受付時間 平日 9:00〜18:00(土日祝休み)

書籍のご案内

設立10周年記念講演録

お茶とコーヒー、どっちがいいと思う?
セルフプロデュース・コーチングを通して伝えたいことは「愛情で繋がる世界」

  • 著者:藤本 ゆかり(株式会社インテリジェンス・アンリミテッド代表取締役)
  • 発行所:株式会社インテリジェンス・アンリミテッド

内容

出来の悪かった子供時代。「自分はダメな人間なんだ」と思って生きてきた。しかし、就職した先の社長の風変わりな社員教育を受け、「もしかしたら自分は出来るのではないか?」と思い始める。それから勉強し、お茶くみの立場から秘書へ転身。
その後社会人大学で学び、専門学校の学校長秘書を経て最終的には外資系企業の部長秘書へと駆け上った。今思えばあの風変わりな社員教育は「コーチングであった」と気付く。36歳で(株)インテリジェンス・アンリミテッドを設立し、セルフプロデュース・コーチングを考案。人の可能性は無限であることを自ら体現した。
「お茶とコーヒー、どっちがいいと思う?」には、ひとりの人間が可能性を開花させる過程からコーチングの実際までを収録し、企業の人材育成を行う立場におられる方々にご好評をいただいています。
この本が多くの方々の励みになることを願っています。

エグゼクティブ・コーチ藤本ゆかり

書籍情報

販売価格1,000円/冊(税込み・送料別)
発行所株式会社インテリジェンス・アンリミテッド
形 態単行本(ソフトカバー)
販売開始日2010年3月13日

目次

はじめにセルフプロデュース・コーチの生き方
序章セルフプロデュース・コーチングとは
第1部個人との関わり
第1章〈引き出す〉愛情深い人材育成
第2章〈覚悟〉究極の実践
第2部組織との関わり
第3章〈育てる〉リーダー教育実習
第4章〈飛躍〉部下から教わったこと
第5章〈広げる〉なぜ今、企業にコーチングなのか
終幕人と関わることが継続のコツ
コラム
挨拶

この本を注文する

top